コラム

紫外線はからだに悪いの?
   (シミ・しわ・骨粗しょう症に関して)


紫外線を浴びすぎるとシミ・しわ、場合によっては皮膚癌を発症します。
しかし紫外線を浴びないと骨はもろくなり、骨粗鬆症を発症します。

どうしたらよいでしょう

紫外線の働き(1)
紫外線は皮膚に対しては皮膚の構造に障害を及ぼすだけでなく、我々の遺伝子DNAを直接的・間接的に破壊し、癌を発症させます。

紫外線の働き(2)
しかし一方では、紫外線は骨を作るための必要物質 ビタミンDを皮膚で作り出します。このビタミンDが身体で代謝され活性型ビタミンDとなり、腸管でカルシウムを吸収し、骨の形成につながります。

最近の若い女性の中でも骨粗しょう症が騒がれています。骨は日光に浴びることと、運動をすることで強くなります。骨粗しょう症にならないためには、紫外線をあまり浴びすぎないように支度をして、夏場は20〜30分程度日陰で運動をするとよいでしょう。

紫外線を上手に使い、運動をすることで≪アンチエイジング≫抗加齢につながります。









さとだ内科クリニックからのお知らせ

12/16(日)は学会出張のため休診となります 
ご不便をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。


12/24(日)は祝日のため休診となります 
ご不便をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。


12/28(金)は午前のみの診療となります 
午後は休診となります。ご不便をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。


年末年始休診のお知らせ 
12/29(土)〜1/5(土)は休診とさせていただきます。
診察開始は1/6(日)〜となります。
ご不便をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。


1/20(日)は学会研修のため休診となります 
ご不便をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。


本年度のインフルエンザワクチンについて 
本年度の接種価格は3,600円です。
詳細はこちら


コラム
看護職員随時募集中

詳細・応募は、 BSコーポレーション
「さとだ内科クリニック看護師募集係」まで
TEL. 045-430-3022
〒228-0024
神奈川県座間市入谷5-1684-3
座間駅前クリニックビル1F
TEL. 046-298-0066